2017年3月16日木曜日

2016-2017シーズン祝勝会 開催について(ご案内)



ウィリアムソン師円浦河町後援会関係者 各位



ウィリアムソン師円浦河町後援会
会長  塩 出  論

「小田卓朗選手・ウィリアムソン師円選手冬季アジア大会および
2016-2017シーズン祝勝会」開催について(ご案内)

 早春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、ウィリアムソン師円選手は、昨年12月に開催された第84回全日本スピードスケート選手権大会にて総合優勝、三連覇という輝かしい成績を収め、ワールドカップを含む世界大会に出場、さらに帯広で行われた冬季アジア大会では、マススタートとチームパシュートで見事な滑りをみせ、銀メダルを獲得しました。
また、同じく浦河町出身の小田卓朗選手は、ワールドカップ アスタナ大会で1000m第3位と初めての表彰台に載り、さらに冬季アジア大会では1000mで金メダル、1500mで銀メダルを獲得するなど、両名とも素晴らしい成績を挙げ、私たちに多くの喜びと感動を与えてくれました。
これもひとえに皆様の平素からのスピードスケート競技へのご理解、ご協力の賜物と心より深く感謝申し上げます。
両選手は、今シーズンすべての競技を終了し一時帰省する予定であり、後援会として今シーズンの輝かしい成績を祝して、「浦河スケート協会」並びに出身少年団の「浦河東部スケート少年団」との合同により、祝勝会を下記のとおり開催する運びとなりましたので、ご案内申し上げます。


1 日 時:平成2942日(日)午後4
2 会 場:ホテル 浦河イン1F(浦河町築地3丁目) ℡221212
3 会 費: 3,000円 (当日、現金にて徴収させていただきます)
4 申し込み:出席される方は327日(金)午後5時までに事務局の小田まで電話またはFAXにて連絡をお願いいたします。
   ※ウィリアムソン師円浦河町後援会事務局 浦河町ファミリースポーツセンター内

TEL 0146-22-3953   FAX 0146-22-1763

2017年3月13日月曜日

ワールドカップ最終戦 パシュート3位!

3月11日~12日、ノルウェーのスタバンゲルでワールドカップ最終戦が行われ、男子チームパシュートにおいて、師円選手は、中村奨太選手、土屋選手とチームを組み、3:44.09で見事に3位入賞しました。3人の息もぴったりと合ってきており、今後が楽しみな競技ですね。またマススタートにも出場し11位と健闘しました。
以下最終戦の結果です。

男子
500m
 ・長谷川選手 7位、10位
1000m
 ・小田卓朗選手 10位
1500m
 ・中村奨太選手 8位
5000m
 ・土屋選手 10位
マススタート
 ・土屋選手 8位
 ・師円選手 11位
チームパシュート
 ・日本チーム3位

女子
500m
 ・小平選手 1位、1位
1000m
 ・小平選手 2位
 ・高木美帆選手 4位
 ・郷選手 9位
1500m
 ・高木美帆選手 2位
 ・押切選手 11位
マススタート
 ・高木美帆選手 4位
 ・高木菜那選手 7位
チームパシュート
 ・日本チーム1位

各タイムは下記よりご確認ください。
http://www.isu.org/en/speed-skating/statistics-and-biographies#PageID%3D103014&SportID%3D103&CompetitionID%3D27647&SeasonID%3D491&GenderID%3D-1&ClassID%3D1&EditionID%3D1561721&Phase1ID%3D-1&TaalCode%3D2&StyleID%3D0&Cache%3D2.html?963253


選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。来シーズンはいよいよオリンピックシーズンです。皆さん頑張ってください!!





2017年3月9日木曜日

世界オールラウンドスピードスケート選手権大会

3月4日~5日にかけて、ノルウエーのハマーで世界オールラウンドスピードスケート選手権大会が行われました。日本からは男子は師円選手、中村奨太選手、土屋選手の3名、女子は高木美帆選手、高木菜那選手、佐藤綾乃選手の3名が出場しました。


世界オールラウンドスピードスケート選手権大は、男子は500m・5000m・1500m・10000m、女子は500m・3000m・1500m・5000mのそれぞれ4種目を滑り、タイムを得点に換算した合計ポイントで総合順位で争われ、総合的な能力が必要とされる大会です。1889年から実施されている大会で、スケートの本場ヨーロッパでは、スプリント力から持久力まで求められるこの大会を制した者こそに「King of Speed Skater」の称号が与えられ、真の王者と言われます。
世界のトップスケーターが集まり、出場するのも大変難しいこの大会に師円選手は昨年、一昨年に続き3年連続出場しました。

師円選手は、初日500mを36:79で14位につけ、続く5000mでは6:28.98で10位、翌日の1500mでは1:48.97で13位につけましたが、残念ながら最終種目の10000mには進めず、総合15位でした。
中村奨太選手は500mを1位で通過するなど好調をキープし最終種目の10000mに出場、全体の8位(152.598)、土屋選手は18位(112.447)でした。

女子は、高木美帆選手が500mで1位、1500mを2位で通過し、総合3位で表彰台に載る快挙(田畑真紀選手以来、17年ぶり)を成し遂げました。その他、佐藤綾乃選手が10位、高木菜那選手が13位と健闘しています。

もうスケートシーズンも佳境に入ってきました。今週はいよいよワールドカップ最終戦、ノルウェー スタヴァンゲル大会です。選手の皆さん頑張ってください。


2017年2月23日木曜日

師円選手、小田選手、銀メダル!

ウィリアムソン師円選手、小田卓朗選手、銀メダル!

冬季アジア大会 スピードスケート最終日の今日、師円選手はマススタートと1500mに出場、マススタートにおいて、昨日のチームパシュートに続き、銀メダルを獲得しました。最後は韓国のLEE Seung-hoon選手との一騎打ち、あと一歩届かず惜しくも銀メダルでした。
土屋選手は5位、中村奨太選手は6位でした。









 ラストスパートをかける師円選手

優勝した韓国のLEE Seung-hoon選手は冬季アジア大会で、5000m、10000m、チームパシュートに続き4冠です。カナダ・バンクーバー五輪において、10000mで金、5000mで銀メダルを獲得し、スピードスケートの長距離種目でアジア人初のメダリストとなり、ソチ五輪では5000mで12位。


応援団も頑張りました!師円選手のお父さんのポールさんと後援会 横断幕です。

 左:浦河町出身の小田卓朗選手、中央:ウィリアムソン師円選手、右:美幌出身の一戸誠太郎選手 三人は山形中央高校のOBで師円選手と一戸選手は同級生。今大会、小田卓朗選手は1000m金メダル、1500m銀メダル、師円選手はチームパシュート・マススタートともに銀メダル、一戸選手は5000m・10000mともに銅メダルと大活躍した。



1500mでは、小田卓朗選手が、1:46.76の国内新記録、アジア新記録で銀メダルに輝きました。近藤選手が3位、中村将太選手が4位、師円選手も6位と健闘しました。



女子マススタートでは高木美帆選手が金メダル、佐藤綾乃選手が銀メダル、高木菜那選手が4位でした。高木美帆選手は1500m、3000mに続く3冠です。



結果は冬季アジア札幌大会公式HPより引用

https://sapporo2017.org/

2017年2月22日水曜日

男子パシュート 銀メダル!

22日の冬季アジア大会の結果です。今日は男子はパシュートと10000m、女子は5000mが行われました。

男子チームパシュートは、師円選手、中村奨太選手、土屋選手がチームを組み、3:45.93の国内新記録、アジア新記録を出しましたが、韓国が3:44.32で金メダル、日本チームは惜しくも銀メダルでした。
中央の赤の腕章が師円選手

左から土屋選手、中村選手、師円選手   Phot by Tachibana


後援会 横断幕も活躍しました!

師円選手のおばあさんと応援団の皆さんです。







男子10000mでは、土屋選手が銀メダル、一戸選手が銅メダルに輝きました。1-3位まで5000mと同様の結果でした。


女子5000mでは、帰山麻衣選手が銅メダル、田畑真紀選手が4位入賞しました。田畑選手は年齢を感じさせない強さですね。

結果は冬季アジア札幌大会公式HPより引用
https://sapporo2017.org/


2017年2月21日火曜日

小田卓朗選手 1000m金メダル!

帯広の明治十勝オーバルで行われている、冬季アジア大会21日の結果です。日本の選手達が大活躍し、金メダルラッシュです!

男子1000mで浦河町出身の小田卓朗選手が1000mに出場、
1:09.33の国内新記録・アジア新記録で優勝しました。
また、3位には中村駿佑選手、4位に長谷川選手が入りました。








表彰式で歓声にこたえる小田卓朗選手    Phot by Tachibana


浦河スケート協会さん特製横断幕も掲げられました。




女子500mでは、昨日の1000mに続き小平選手が2冠達成。37.39の金メダル(国内新記録・アジア新記録)で、郷選手が3位、辻選手が6位となっています。

女子1500mでは、高木美帆選手が昨日の3000mに続き2冠を達成。国内新記録・アジア新記録(1:56.07)で金メダルを獲得したほか1位~4位を日本人選手が占め、表彰台を独占しました。1位高木美帆選手、2位押切選手、3位高木菜那選手、4位佐藤綾乃選手でした。
1500m表彰式で珍事?:大会規定で「1か国・地域当たり2選手までしか表彰台に登壇できず、メダルを獲得できない」と定められているそうで、4位にも日本の佐藤選手が入ったことから、銅メダルが3位の高木菜那選手ではなく中国選手へ授与されました。アジアの冬季スポーツ普及を促す目的から、「モチベーション(意欲)にもつながるよう、メダルを複数の国・地域で分け合ってほしい」とアジア・オリンピック評議会(OCA)が求め、過去の冬季アジア大会でもこの規定を採用したことがあるそうです。(大会組織委員会より)

また女子パシュートでは、高木菜那選手、押切選手、佐藤綾乃選手が出場し、国内新記録・アジア新記録で金メダルに輝きました。

結果は冬季アジア札幌大会公式HPより引用
https://sapporo2017.org/




冬季アジア大会 20日の結果

帯広の明治十勝オーバルで行われている、冬季アジア大会20日の結果です。
20日は、男子500m、5000m、女子1000m、3000mが実施されました。

結果は冬季アジア札幌大会公式HPより引用
https://sapporo2017.org/

師円選手は5000mに出場し、6位入賞と健闘しました。
土屋選手が2位、一戸選手が3位入賞しています。

男子500mでは長谷川選手が2位、中村選手が6位でした。

 女子1000mでは小平選手が優勝、高木美帆選手が2位、郷選手が5位でした。

女子3000mでは高木美帆選手が優勝、3位に佐藤選手、5位に田畑選手が入賞しています。